当ブログはWordPressで構築していますが、WordPressは基本機能の他に数多くの拡張機能(プラグイン)があり、どこまで利用すべきかよくわかりません。

そこで私の経験に基づいて整理しました。

セキュリティ

スパム対策

スパム対策は必要だと思います。WordPress.comが提供する”Akismet Anti-Spam”などがあります。

ログイン画面防御

ログイン画面に対する攻撃から防御します。”SiteGuard WP Plugin”などがあります。

SEO

サイトマップ作成

検索エンジンに表示させるためにはサイトマップが有効です。”Google XML Sitemaps”などがあります。

サイト表示の高速化

キャッシュにより高速化します。”WP Super Cache”などがあります。

画像表示の高速化

ページを表示時に「一度に全ての画像を読み込む」のではなく「画像が表示領域に入った段階で読み込む」方針に変更します。”Lazy Load”などがあります 。

Pingの最適化

Pingを頻繁に送信してしまうとスパム認定されてしまいます。これを避けるためのプラグインに”WordPress Ping Optimizer”があります。

投稿(post)と固定ページ(page)の表示

目次作成

ページに目次があれば読みやすくなります。プラグインには”Table of Contents Plus”などがあります。

カテゴリの表示順序変更

カテゴリの表示順序はデフォルトだと自動的に決まってしまいます。ですが、プラグインで自由に設定できます。”Category Order and Taxonomy Terms Order”などがあります。

SNSのいいねボタンを表示

SNSのいいねボタンを表示します。プラグインには”SNS Count Cache”などがあります。

画像のポップアップ拡大表示

画像を同一画面内で拡大します。”Easy FancyBox”などがあります。

特別機能

問い合わせフォーム

要望や問い合わせを受ける必要がある場合に必要です。”Contact Form 7″などがあります。

エディター

高機能エディタ

エディタをより高度にします。”TinyMCE Advanced”などがあります。

クラシックエディタ

WordPress5.0で導入された新エディタはくせのある機能で使いにくいものです。”Classic Editor”プラグインで従来のバージョンに戻せます。

基本機能

日本語対応

WordPressはもともと英語のソフトウェアですが、これを日本語化する際に起こるエラーを修正するパッチとして”WP Multibyte Patch”があります。